デブだと彼女ができない理由があるんですよ・・・・

風呂敷マフラーのデブ

 

最近では、デブでもモテるみたいなネット情報が出ています。でもキツイい言い方をするとデブはモテません。

 

 

デブ好きな女性もいますが10000人に一人くらいの割合です。太っている人はなぜ女性を遠ざけるかというのには理由があります。

 

 

女性はもともと子供を産むために男性を選ぶという「本能」があります。もちろん本能100%で男性を選ぶわけではないですが健康的で活発な男性を本能的に選んでしまうという習性があります。

 

 

この健康的な男性の遺伝子が欲しいといのが本能なんですね。だから「太っている男性は不健康」というのを直感で感じ取ってしまうからです。

 

 

本能的にに不健康=太っているというのはおおかた正しいです。なので、女性は太っている男性を選ぶことは少ないです。

 

 

相当な付加価値(金持ちとかトークが抜群におもしろいとか)をういうものがあればまた結果はし違ってきますが、スタートダッシュは太っているということはものすごく不利になります。

 

 

そいうハッキリした理由があるので、あえて「太っているなら痩せたほうが良い」ということです。

 

 

ここでは太っている人が痩せたほうが良い理由と、痩せる方法をご紹介します。

 

 

痩せたほうが彼女作りというより人生がきつくなってくるの痩せたほうが良い

バツを作る子供

太っていると彼女つくりに不利というのもありますが、生活自体も厳しくなってくるケースが多いです。

 

 

私の知人は太っている人もいますが、ほとんど40代後半くらいから50代になると、脳梗塞、心筋梗塞、心疾患、癌などで倒れています。ほとんど100%倒れています。

 

 

倒れた後なんらかの後遺症が残っている人がほとんどです。体半分が麻痺したり、言語障害が出たりしているケースがほとんどです。

 

 

こうなるとそのあとの人生がどれだけキツイかどうかが簡単に想像できます。リハビリに苦労しますし、もう運動とかもできなくなります。言語に障害が残ると、もう普通にしゃべることもできなくなります。

 

 

ほとんど太っていることが原因の高血圧や動脈硬化からの脳梗塞や心筋梗塞で倒れています。

 

 

ちょっと重い話になりましたけど、太っているとこれだけの人生のリスクがあるわけです。今は良くても40代とかすぐになってしまいます。そのまま太っていると、その後の人生のリスクが爆発的に増えてしまいます。

 

 

よくデブでもモテるみたいな情報もありますがこれウソですから デブな女性をか嫌いでしょ?

たたずむ猫

あと、最初に書きましたが、「デブでもモテる」みたいなのはウソです。というかいても例外中の例外みたいなものです。

 

 

金を持っていたりトークスキルが抜群だったり、例を挙げると、デブを使ってるお笑い芸人みたいな感じです。

 

 

一般人でもデブなことを自虐ネタにして割とモテる人もいますけど、これって限界があるんですよね。結局先ほど言った女性は本能的に「健康的な男」を選ぶようになっているので、「本当にいい女」は健康的な男を選んでしまいます。

 

 

なので、太っていてもモテるというのは完全にウソではありませんが、かなり苦しい情報です。痩せることを放棄した人が安心するための情報なんですね。

 

 

なので、一日20分でもいいので、痩せるための「かるーい筋トレ」をすることを超おススメします。

 

 

体を引き締める簡単な「筋トレ」方法をご紹介します ほんの20分でいいのでやってみると違ってきます

腕立てする女性

筋トレ・・・・っていうとその時点でハードルが高いようなイメージですけど、自分の体重を使った女性でも簡単にできる筋トレです。一日20分くらい「自分の体に向き合う時間」をつくることで、体を引きしい目ていくことができます。

 

 

余談ですけど、筋肉をつけるのは、ダンベルやバーベルを使った筋トレがいいですが「体を絞るための筋トレ」はそういった器具を使わないでも簡単にできます。有酸素運動(ジョギングなど)をするよりはるかに筋トレは体を引き締める効果があります。

 

 

全身を引き締める筋トレ

 

軽い筋トレで全身を引き締めるオーソドックスな筋トレです

 

 

お腹を引き締める筋トレ

 

普通に腹筋運動をするよりこういう、ゆっくりやる筋トレのほうがお腹を引き締める効果があります

 

 

たくましい胸を作る腕立て伏せ

 

 

正しい腕立てをするとたくましい胸を作ります 腕も引き締まるので腕立てはお勧めな筋トレです

 

 

体を引き締めるスクワット

 

体を引き締めある効果の高いスクワット 腹筋を100回やるよりスクワットを5回やる方がお腹の引き締め効果があります。

 

 

こういう系の自分の器具をつかわない系の筋トレをやるだけで体を引き締めることができます。1日20分程度「自分の体を向き合う時間」を作るのも悪くないものですよ。

 

 

体を引き締めつつ女性のいる場所へ出ていくのが最短の彼女作りへの道

 

 

こういう筋トレをする2〜3か月くらいでだんだん体が変わってきます。これをやりながら女性との出会いを作っていくというのが彼女作りへの最短の道です。

 

 

女性がいる場所は合コン・街コン・出会い系・趣味のサークル・スポーツジムなどありますが、こういう場所に出ていくことで女性に合って行き「女性慣れ」をしていくのが彼女作りへの第一歩となります。

 

 

ただ、女性が本当に自分の周りにいない、どうしようもないというケースなら「出会い系」を利用するのがおススメです

 

 

出会い系は女性との出会いをわりと簡単に量産することができるからです。

 

 

私の使っている出会い系をご紹介します

スマホ

女性に合って行くなら出会い系の利用をおススメします。

 

 

「出会い系」は周りに女性のいない男性の出会いを作るツールとしては最も効率的なものです。

 

 

「出会い系って怪しいイメージあるよなあ・・・」というのは2000年代の初めころの話です。

 

 

スマホが出てきて、使いやすさが抜群になった男女の出会いツールである出会い系。

 

 

最近では出会い系はクリーンなツールとして男女の出会いの場として発展してきています。

 

 

サイト内容はシンプルで使いやすく、年齢確認や本人確認も行っていて登録している人の身元もしっかりています。

 

 

その中でも大手の老舗のサイトは、登録者数が500万人を超えていて、かなりの出会い志願者が登録している出会いの場となっています。

 

 

ここでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の最も熱いサイトです。

 

 

サイトの使いやすさが抜群で、初めて使う人も迷わず利用できるのがメリットです。

 

 

出会い系を使うと、本当に幅広いタイプの女性との出会いが簡単に生まれるので、効率的に女性と出会いたい男性にとっては最も適したツールです。

 

 

ただ、「好みの女性」と出会うには実際にある程度の人数に出会って行く必要があります。

 

 

最初に合った女性が好みの女性ということもあり得ますが、やはり10〜20人くらいの女性と合って行けば、その中で好みの女性が1〜2人くらいいるイメージです。

 

 

これはリアルな世界でも、かわいい娘はだいたい10人に1〜2人くらいです。それと同じくらいの比率ですね。

 

 

でも、逆に言うと10人くらい会えれば、たいてい好みの女性に出会うことができます。

 

 

あなたが出会いを使って、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→おススメ出会い系「PCMAX」の登録方法はコチラから

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

関連ページ

彼女ができない男性はまず「体の中からの清潔感」を出してみよう 女性受けがガラッと変わります
男にとって「体の中からの清潔感」は彼女をつくるには大事な要素です。清潔感の無い男性は女性に削除されます。子の清潔感を出す方法を具体的にご紹介します。