太っている場合彼女ってできるのか・・

デブ001

 

太っていると彼女ができないんでしょうか?

 

 

普通に過ごしているならできにくいですね。太っているというのは、頭が悪いとか顔が悪いとかは治すことができませんが、痩せればいいことなので、太っていて彼女ができないと思っている人は痩せればいいわけです。

 

 

痩せるのって簡単ですよ。食事を減らして、軽い運動をすればいいだけなので。一生彼女ができないよりはマシだと思いますけどね。それを考えると痩せることは簡単です。

 

 

健康にも良くないですしね。太っている人は痩せましょう。

 

 

とはいうものの、それでも痩せれない場合もありますよね(;^ω^) そのケースでは、「太っているっことをユーモアにしていく」「太っていることを自虐ネタ」にしていくということが必要になってきています。

 

 

イメージしやすいのはデブなお笑い芸人です。お笑い芸人はその自分が太っているのを使っていますよね。それが親近感になったり、笑いになったりします。ホンジャマカの石塚とかいい感じのイメージですよね。

 

 

ここでは、太っている人がそれを使って女性に親近感を持たせることでモテていくという方法をご紹介します。

 

 

太っていいる状態で彼女がほしいなら「太っていること」を使う

ガチャピンコスプレのデブ

これはハゲといっしょなんですけど→参照 ハゲだと彼女できないのはウソ 具体的な髪型作りと彼女を作る方法

 

 

太っている場合はそれを自虐ネタとして使うことで女との距離を縮めます。

 

 

「お前デブバカにしてるだろ、好きでデブってるんじゃないんだwww」

 

「俺の恋人はこの皮下脂肪なんだよw」

 

「この脂肪全部筋肉だからw」

 

とか自分の「太っているキャラ」を使わない手はないです。これができるようになると、自分のコンプレックスをすべてネタにできるので、女との距離はどんどん縮まります。

 

 

この自虐ネタのポイントは、「明るい雰囲気」」で言うということです。あるいみ「開き直って思い切って自虐ネタにする」ということです。

 

 

ここで一番ダメなのは「俺ってデブだからどうせモテない」とかいう悲壮感がただよっているのがまずいです。デブでも開き直っているデブのほうがよっぽどモテます。

 

 

この開き直りができることで、自虐ネタもかなり説得力が出てきます。これができる人は恋愛以外の仕事などでも(営業とか特に)かなり有利な展開にもっていくことができます。

 

 

太っていても清潔感は必要

清潔感のあるデブ

太っているとどうしてもそれだけで不潔に見えてしまうものです。

 

 

髪型をしっかりショートにして、太っている場合はツーブロックかソフトモヒカンとかがいいですね。長髪は厳禁です。

ツーブロック

 

髭もないほうがいいです。太っていて髭があると相当不潔感が増します。ちなみに髭を生やしていいのは顔の堀が深い男である程度背丈がある男です。小さい男が髭生えているとただのチビな汚いおっさんになってしまいます。

 

 

太っているとどしても清潔感が無くなってしまいがちですけど、髪型をさっぱりして髭をしっかり剃っているだけでもかなり違います。

 

 

デブで長髪はマジでNGですよ。そうなるとせっかく太っていることをつかった「自虐ネタ」ができても、女性から最初の印象でNGが出てしまうのでNGということです。

 

 

太っていてモテている奴は

デブ猫

太っていてもたまにモテるやつはいますよね。それはデブであることを全く気にしないで、上述の自分が太っていることを使って自虐ネタなんかにしている人です。

 

 

デブであることをまったく気にしないというのがポイントですね。それをコンプレックスに感じている時点で自信がない印象が出てしまうので、女はそういった雰囲気を敏感に察知するものです。

 

 

なんだかんだ言って自身のある男が好きななんですよ。ある程度その自信が根拠がなくても。極端に勘違いの自信はダメなんです
けどね。

 

 

もし、どうしても太っていることでコンプレックスになるなら痩せましょう。痩せると健康にもいいですし自信もつくのでいいことばかりです。

 

 

太っている場合行動のまとめ

標識

太っていて彼女ができないのは、太っていること自体を使ってネタにしたりできないからです。自信がないんですね。

 

 

まず太っていることを自虐ネタにできるくらいになりましょう。女が太ってることを突っ込んでくるくらいがちょうどいいです。

 

 

もしそれがどうしてもできないよ・・・・という場合は痩せましょう。痩せると世界が変わります。

 

 

太っている人が彼女をつくるにはこの2択になりますね。自虐ネタをとことんできるならそれを極める、もし太ったことを使った自虐ネタができないなら、割り切ってだいえっとするということになります。

 

 

ただ、せっかくこういった努力をしても周りに女性がいない状況ではその成果を試すこともできません。

 

 

そういう場合は「出会い系」を利用して女性と会って行くのがおススメです。

 

 

体系を気にしている暇があったら出会い系で出会いを作ろう

スマホ

「出会い系」は周りに女性のいない男性の出会いを作るツールとしては最も効率的なものです。

 

 

「出会い系って怪しいイメージあるよなあ・・・」というのは2000年代の初めころの話です。

 

 

スマホが出てきて、使いやすさが抜群になった男女の出会いツールである出会い系。

 

 

最近では出会い系はクリーンなツールとして男女の出会いの場として発展してきています。

 

 

サイト内容はシンプルで使いやすく、年齢確認や本人確認も行っていて登録している人の身元もしっかりています。

 

 

その中でも大手の老舗のサイトは、登録者数が500万人を超えていて、かなりの出会い志願者が登録している出会いの場となっています。

 

 

ここでは私が彼女ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上の最も熱いサイトです。

 

 

サイトの使いやすさが抜群で、初めて使う人も迷わず利用できるのがメリットです。

 

 

出会い系を使うと、本当に幅広いタイプの女性との出会いが簡単に生まれるので、効率的に女性と出会いたい男性にとっては最も適したツールです。

 

 

ただ、「好みの女性」と出会うには実際にある程度の人数に出会って行く必要があります。

 

 

最初に合った女性が好みの女性ということもあり得ますが、やはり10〜20人くらいの女性と合って行けば、その中で好みの女性が1〜2人くらいいるイメージです。

 

 

これはリアルな世界でも、かわいい娘はだいたい10人に1〜2人くらいです。それと同じくらいの比率ですね。

 

 

でも、逆に言うと10人くらい会えれば、たいてい好みの女性に出会うことができます。

 

 

あなたが出会いを使って、好みの女性と出会うことができるのを心から祈っています。

 

 

→おススメ出会い系「PCMAX」の登録方法はコチラから

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

関連ページ

金がないと彼女できないのは間違い 貧乏でも彼女を作る方法
お金がないと彼女ができない・・・ちょっと悲しいですよね。お金が無くても彼女を作ることはできます。貧乏でも彼女を作れる方法をご紹介します。
女性がいない環境で彼女ができない時の彼女作りの行動方法
なかなか女性がいない環境だと彼女ができない場合が多いですね。そういう時は環境を徐々にに広げていくようなイメージで対処してきましょう。その具体的な方法を見てみましょう。
オッサンでは彼女できないのは間違い おじさんでも彼女を作る具体的な方法
オッサンになると彼女ができないと思うのは間違いです。おじさんが彼女と作る具体的な方法は「女性との距離感」を縮めていくことです。その方法をご紹介します。
大学生で彼女ができない場合はナンパするか出会い系の利用が手っ取り早い その理由をご紹介
大学生で彼女ができないの時の対応策は「ナンパ」か「出会い系」の利用です。その理由と具体的な方法をご紹介します。
プライドが高いと彼女できない その解決方法と出会い系利用のススメ
プライドが高いので彼女ができないと嘆いているあなた。それは意外と簡単に解決することかもしれません。出会い系を利用して彼女を作ってみるのをおススメします。
不器用で彼女ができない男性は「女性に慣れ」て「自信」を付けることから始め包 その方法をご紹介
不器用な男だと流暢にしゃべらなかったりして彼女ができない場合が多いです。そんな男性はまず「女性に慣れ」て「自信」を付けることから始めてみましょう。女性慣れできるツールもご紹介しています。
ハゲだと彼女できないのはウソ 具体的な髪型作りと彼女を作る方法
ハゲていると彼女ができないってことはありません。ハゲならその状況を「どうやって使うか」が大事です。また髪が薄い場合の具体的な髪型の作り方も重要です。コンプレックスを逆にプラスにする方法をご案内します。
合コンでは彼女できない男も出会い系を使って逆転で彼女を作ったエピソード
合コンで失敗しました。でも出会い系をうまく使って彼女を作った僕のエピソードをご紹介します。効率のイイ出会いを作る「出会い系」を使ってよかったです。